page top

マスク

121108_1319~01.jpg

先週、風邪をひいてしまいました(>_<) 普段はパブロンで済ませてしまうのですが、最近の私はほとんど毎日お休みがなく、手話指導・手話通訳・日本語指導が入ってます。 受講生さんや通訳をする聴覚障がい者の方々にうつすといけないので早く治そうと思い、荻窪にある東京衛生病院に行きました。 そこは亡くなった祖母が1950年代から通い、93歳で生涯の幕を閉じた場所であり、母が私を産んでくれた場所であり、私が息子を産んだ場所でもあります(*^o^*) 特に私が産まれたときは仮死状態で呼吸をしていなかったそうで、助けてくださった2人のお医者様、市瀬先生と辺見先生に、母は本当に感謝していました。 母は毎年年賀状に「隆子は今年〇歳になりました。身長○cm 体重〇kgです」と私の成長の様子を書いて送っていました。(体重まで書かなくていいんだけど(^_^;)) そんな思い入れのつまった東京衛生病院で、内科を受診し、お薬をたくさんいただいてきました。 幸いお薬がよく効いて、翌日にはだいぶラクになりました(^_^)v それでも周りのかたにうつすといけないので、マスクをして過ごしていました。 すると息子が、 「おまえ、ちょっとじっとしてろよ!」 と言い、マスクに何やら書き始めました。 「いったい何を書いているんだろう!?」と思って、マスクを取ってみると、 「私はうんこ。I am うんこ。」と書いてありました(-o-;) 全くなんという息子でしょう!! おまけに自分が書いたマスクを見て、 「キレイにかけたなぁ!」 と自画自賛(┳◇┳) 親の顔がみたい! あっ、私が親でした(^_^;)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA