page top

5月12日(日) テンダー手話&日本語教室 イベント

5月12日(日)。
コロナ禍以降2回目の、【テンダー手話&日本語教室 イベント】をおこないました。

先日、東京都現代美術館さんから「『企画展 翻訳できないわたしの言葉』のPRをテンダー手話&日本語教室でしてもらえませんか?」というご依頼があり、チラシが50枚送られてきました。

PRするのはもちろん構いませんけれど、どうせだったら個別に行くより、みんなで行った方がいいのでは?と思い、テンダー手話&日本語教室のイベントとすることにしました。

①東京都現代美術館
講堂で学芸員さんのレクチャーを伺い、私が手話通訳をしました。
作品の予備知識を頭に入れてから、自由に展示を見ました。

学芸員さんが「『ろう者の祈り』を読んだのですけれど、本に載っているのと鈴木さん本人とのギャップが大き過ぎて、納得できません」
って言われてしまいました💦😱

どうしましょう💦😱
今年出版するからファミリーヒストリーの本をお読みになったら、ますますギャップが激しくなるかも⁉️

②レストランSPOONでランチ
いっぱい美味しいお料理を出していただいて、
これで2,500円でいいのでしょうか?って思いました。
ごちそうさまでした😊

③江東区深川江戸資料館
江戸の街並みがそのまま再現されていて、メチャメチャ面白かったです。
私の好きな『必殺仕事人』に出てきそうな長屋が再現されていました。

ここでもガイドさんのご説明を、私が手話通訳させていただきました。

④夕食 牛タン圭助
いっぱいランチをいただいた後でしたが、牛タンが美味しくて。
しっかりいただいちゃいました。
ごちそうさまでした。

★参加してくださった方々 総勢 53名

テンダー手話&日本語教室のイベントは、
【みんな違って、みんないい】です。

聞こえる人も聞こえない人も、聞こえにくい人も。
口話で育った人も、手話がメインの人も。
流暢に手話で話せる人も、まだまだ手話のヒヨコ🐣ちゃんでも。

そんなちっちゃいことは、テンダーのイベントでは関係ないんです。
手話の表現の仕方が、どーだとか、こーだとか😱😱
そんなちっちゃいこと、どーでもいいんです。

ただただ、お互いに相手を思いやる気持ちを持って。
いっぱいお話して、いっぱい笑って、仲良しになってほしい。
そう思っています。

参加してくださった皆さま。
1日お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。

今回参加ご希望だったのに、様々なご事情でご参加できなかった方々。

次回はご一緒しましょうね。

みんなの笑顔のお花があちこちで咲いていて、とても幸せな1日でした🌸

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

東京六大学野球 母校 立教VS慶應

5月6日(月)。手話のグループレッスンの指導を終えて、神宮球場に向かいました。
行くのが遅くなって、着いたら7回の裏でした。
神宮球場正面のチケット売り場に行ったら、売り場のお姉さんが
「今日は試合の流れが早いので、今、7回です。あと3アウトになったら、試合終了です」
「え〜?7回で試合終了⁈そんなルールになったんですか?」
お姉さん「ハイ」

いつの間に、そんなルールになったのでしょう?
私、応援団のOBOG会の役員をさせていただいていますが、
そういうお話は知りません。

急いで学生席のチケット売り場に行ってチケットを買い、OBOG席に行って、応援団の先輩に伺ったら、「そんなルールはないよ」とのこと。
そうですよねえ。

そして…
なんと立教が、対慶応戦23連敗を止めることができました。
私たちOBOGも、もちろんものすごく嬉しかったのですが、
がんばっている現役の応援団の後輩ちゃんたちに、勝利の喜びを味わってもらうことができて、本当に良かったです。

みんな、明日もがんばって下さいね。

試合の後は応援団OBOG会の役員会と、その後は周年行事の実行委員会がありました。

会議が2つ続いた後は、帰宅して、今年も出版することになった本のお仕事を心を込めて頑張りたいと思います。

明日も勝って、勝ち点を取れますように。

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

Good job ! ピュア🐱

寝ていたら、段ボールが📦上から降ってきて、中にピュアが入っていました‼️

びっくりして目が覚めました。

実は、夢の中に父が出てきてしまって、辛い夢でしたので、夢から覚めることができて良かったです。
Good job!ピュア🐱

いくつになっても父に怯える自分は情けないと思います💦
以前、精神科の女医さんから
「脳が勝手に記憶しているから、たとえお父さんが亡くなってもPTSDは起こるのですよ」と言われました。
だから仕方がないですね。

今、大学で手話通訳を担当している講義が「児童福祉」なので、どうしても自分と重なることが多く、思い出しやすくなっているのでしょう。
ふう。

でも、ネコたちの無邪気な様子に心が和みます。
昨年12月。
誰も引き取り手がなく、発見された時は片目が開かず、口の中が血だらけだった仔猫パレハを引き取ることになった時。
テンダー手話教室の生徒さんから
「ネコの数だけ幸せがあります」と名言をいただきました🐱🐱
本当にその通りでした。

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »