page top

礼拝の通訳で

image1_2.JPG

今日は、午前中は教会の礼拝の手話通訳、
午後は、聴覚障がい者のための手話で行う日本語講座、
夕方から夜までは、手話のレッスンでした。

最近は仕事優先で、礼拝の手話通訳の時しか教会に行かない、ダメなクリスチャンです(^^;)
でも、やっぱり、私が数々の修羅場を乗り越えてこられたのは、信仰があったからだと思います。

仏教だったら、滝に打たれて修行したりしなければならないのかもしれません。
でも、キリスト教はそうではないです。
父親とか、配偶者とか、本来自分を守ってくれるはずの立場の人に、守ってもらった経験のない私には、聖書の言葉が救いでした。

「あなたがたの思いわずらいを、いっさい神にゆだねなさい」
この言葉で、どんなに気持ちがラクになったことでしょう。

亡くなった母の部屋にも、この言葉がかけてありました。
母はいつもこれを見て、お祈りしていました。

今日の礼拝は、アメリカから牧師さんをお迎えしてのお説教。
私はお説教の手話通訳を担当しました。
終わってから、ろうの方々が「長くて大変だったね」とねぎらってくださいました。
「⁇」と思って時計を見ると、なんと予定の時間を40分もオーバーしていました(・◇・)/~~~

私が通訳をしていて、1番心に残ったのは、
「人は、自分とは異質なものは、拒絶し、排除しようとする」
「でも、神は違う。すべて受け入れてくださる」

本当にそうだなあ〜と思います。残念なことに、手話の世界もそう。
それって、イヤだなあ〜と思います。
自分とは違う人を排除しようとする人を見ると
「ちっちぇえなぁ(><)」と思います。

愛情を持って、人に接することのできる人に、なりたいなあ〜と思います(*゚▽゚*)iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

成人式の手話通訳

image2_2.JPG

今日、1月9日成人の日。全国各地で成人式が行われました。
私も地元の成人式の手話通訳を担当しました。
2005年に登録手話通訳者になり、翌年、手話通訳技能認定試験を受けて手話通訳士になったのですが、成人式の手話通訳は、おそらく4回目だと思います。

新人の時の舞台通訳デビューも、成人式でした。懐かしいなあ。
今回も新人さんと一緒でした。
初めての舞台通訳で失敗したり、キツく怒られたりすると、それから通訳が怖くなっちゃうといけないので、そっと温かく見守ろうと思っていました。無事に終わって良かった!

私もまだまだ発展途中の手話通訳士ではありますが、やっぱり手話通訳は楽しいなあ〜と思います(╹◡╹)

来月の舞台通訳のお仕事も、精一杯頑張ろうと思います(*’▽’*)iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

テンダー手話教室 辞書に載っていない手話表現集

image2.JPG

今日は、レッスンがキャンセルになった時間を利用して、「テンダー手話教室 辞書に載っていない手話表現集」をまとめました。

やり始めたときに時計を見たら、17:08。終わってから時計を見たら、20:08。
ちょうど3時間。集中して作りました。
辞書に載っていない言葉ってたくさんあって、手話通訳者試験を目指す生徒さんや、舞台通訳を控えた新人通訳者さんに聞かれることが、とっても多いので。
いつか、出版したいなぁ〜

今日は珍しく早く帰れるので、これから明後日の成人式の手話通訳の準備と、確定申告の帳簿つけに、猫のマックスが待つ家に帰ります♪iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »