page top

いろいろご意見があるようですが

映画「記憶にございません!」のPR動画につきまして、いろいろご意見があるようです。

詳しい裏話をすることはできないのですが。
手話通訳の役を演じた俳優さんのスケジュールの関係上、直接お教えする時間が取れず、見本の動画をシャドウイングして覚えていただいて収録したいう状況です。

未経験の方が動画だけで覚えたため、「映画」と「楽しい」の違いが把握できなかったのだと思います。
手話経験ゼロで、動画のシャドウイングだけで演じた俳優さんの努力は、わかって差し上げて欲しいと思います。

iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

栃木県小山市で「聴覚障がい者のための日本語講座」を行いました !

image2_2.JPG image3.JPG

昨日9月20日(金)は、栃木県小山市聴覚障害者協会さまのお招きで、「聴覚障がい者のための日本語講座」の出張講座を行いました。

テーマは、「『は』と『が』の使い分け」です。

★あまり知られていないことですが、聴覚障がい者には、
・生まれつき、または3〜4歳の言語獲得期以前に聞こえなくなった「ろう者」
・病気などの理由で、または原因不明で、大きくなってから失聴した「中途失聴者」
・そして、片方は聞こえるけれど、もう片方は聞こえないとか、高音は聞こえるけれど、低音は聞こえない、など、聞こえにくい「難聴者」

これらの方々がいらっしゃいます。
そして、それぞれお使いになる手話が違います。

例えば「私はリンゴが好きです」という文章も
◆日本語対応手話 (私+リンゴ+好き+です)
◆日本手話 (私+好き+何+リンゴ+私)
このように違います。

いずれにしても「は」や「が」の助詞を、手で表すことはありませんので、聞こえない方々が日本語の文章を書くのは、とても大変です。

手話では表さない助詞を、文章では書かなくてはなりません。
しかも、たくさんの助詞の中から、適切なものを選んで書かなくてはなりません。

ですから、私は日本語講座のご依頼を受けたときは、まず助詞の講座から始めます。

小山市の日本語講座に参加してくださった方々、お疲れさまでした。
終わってから、美味しいお昼をいただきながら、皆さまと楽しく交流させていただきました。

日本語が苦手なことで困ったお話や、生い立ちのこと。
日本語に関するご質問から、手話通訳者に対する思いなど。
いろいろなお話を伺うことができて、私も勉強になりましたし、何よりとても楽しかったです。

また、皆さまにお会いするのを楽しみにしています。
来週は、仕事で山形へまいります。
iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

映画「記憶にございません!」

image1_2.JPG image2.JPG

9月13日(金) 三谷幸喜監督の映画「記憶にございません!」が公開されました。

この話題の映画の、PR動画の手話監修をさせていただきました。

21日(土)フジテレビ「土曜プレミアム 」(21:00〜23:00)の「映画・清須会議」の枠で、その手話の動画が放送されます。

間接的ですが、こんなに面白い映画に関わるお仕事をさせていただいて、光栄に思います✨

iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »