page top

7月26日

image1.JPG image2_2.JPG

いつもは年末年始以外はお休みがないのですが、昨日7月26日はお休みをいただきました。
片耳ネコ🐱のピュアを、動物病院に連れて行くためです。

ところが、出かける前に、ピュアが見当たらなくなってしまいました。
「ピュア、ピュア、どこにいるの?」
ロフトから1階まで、ピュアの大好きなオモチャをブンブン振り回して、気を引きながら探しましたが、どこにもいません。
40分探しても、どこにもいなくて、半泣きになりました。

さらに。
息子の車で動物病院に連れて行くはずだったのに、外出先の息子から「ごめん、間に合わなくなった」とメールがきました。

ビエーン💧
息子が帰ってこなくて。
ピュアが見つからなくて。
私が一人で動物病院に行って診ていただくのは、ヘンだし。

「予約の時間に間に合わない、もう無理😱」というところで、やっとピュア🐱発見!
すぐにタクシーを呼びました。

待つこと5分。ピュアとともにタクシーに乗りました。すると…
「あっ!」驚いたことにタクシーに乗っていらしたのは、母の生前、大変お世話になった運転手さんでした。
母は亡くなる前の2年半、車椅子生活だったので、しょっちゅうタクシーを呼んでいました。
いろいろな運転手さんの中で、もっとも優しくしてくださり、母が大好きだったのが、その運転手さん!

「お久しぶりです。母がお世話になりました」
おりしも、昨日7月26日は母の誕生日。
天国の母の意思が働いていたとしか思えません。
運転手さんと、母の思い出話に花が咲きました🌸

その後、大雨と大雨の間をぬって、しばしの青空の時間に息子と青山霊園へ。
母のお墓参りをしました。

「おまえの足元、カエル🐸!」
「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜‼️」
静かな青山霊園に私の叫び声が響きわたり、見ると息子は爆笑していました。
やられた。息子に、からかわれた😱💦

私が父によって危ない目にあうことを、亡くなる数日前まで心配していた母。
私を残して逝くのは、心残りだったことでしょう。

でも、昨日は天国とこの世の間が、バリアフリーになったような気がしました。iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

母校 立教大学校歌『栄光の立教』手話訳【Youtube 】

image2.JPG

立教大学体育会応援団のチアの可愛い後輩から、1ヶ月前にご依頼がありました。
「立教大学校歌 【栄光の立教】を手話で歌う」というものです。
喜んでOKしました。
→(Youtube 『テンダー手話教室 ネットで手話レッスン』を検索していただければと思います)

ただ、大切な校歌ですから、間違った手話訳にはできません。
今から99年前、大正10年に立教大学が東京大学野球連盟に加盟した時に作られた【栄光の立教】。
言葉が難しくて、一語一語調べました。

『芙蓉の高嶺』の『芙蓉』は、富士山の別称『芙蓉峰』から。
『紫匂える武蔵野原』の出典は、おそらく11世紀に書かれた『更級日記』。
「今は武蔵の国になりぬ。(中略)むらさき生ふと聞く野も…」からだと思われます。
ちなみに「ムラサキ』は、『ムラサキ科の植物の一種』だそうです。

★校歌の歌詞
1)芙蓉の高嶺を雲井に望み 紫匂える武蔵野原に
いかしくそばだつ我等が母校 見よ見よ立教 自由の学府

2)愛の魂 正義の心 朝に夕べに鍛えつ練りつ
邦家に捧ぐる我等が母校 見よ見よ立教 自由の学府

3)星経る幾年伝統受けつ 東西文化の粋美をこらし
栄光輝く我等が母校 見よ見よ立教 自由の学府

★音源
立教が59年ぶりに日本一に輝いた、【第66回全日本大学野球選手権】決勝終了後のエールからとりました。iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

マックス(20190122)

IMG_4044.JPG

iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »