page top

鶴ヶ島市役所での「聴覚障害者のための日本語講座」

image1.JPG image2.JPG

7月・8月全4回の日程で、埼玉県鶴ヶ島市役所で「聴覚障害者のための日本語講座」の出張研修「助詞編」を行なっています。

久我山のテンダー手話教室でレッスンをしてから行くので、いつも遅くなって申し訳なく思っています(>_<)

★同じ内容を表す文章なのに、

  • A 私が 夕食を 作ります。
  • B 私は 夕食を 作ります。
  • C 夕食は 私が 作ります。

このように、いろいろな助詞を使って表すのはなぜか。細かく手話でご説明しています。

今日で3回目の講座なのですが、前回「一度でいいから正しい文章を書いてみたかった」とおっしゃっていたろうの方がいました。
その方が、今日「日本語の勉強が楽しい!文章を書くのが楽しくなってきた!先生のおかげです」
そう言ってくださって、涙が出そうになりました。

また、別の参加者の方は、手作りのとっても可愛いフクロウを、プレゼントしてくださいました。

皆さんが一生懸命、そして笑顔で学んでくださる姿を見るのは、この上ない喜びです。
心がほっこり温かくなって、市役所のエレベーターを1階で降りました。
そうしたら!!!

なんと私の大好きな友人の長島さんご夫妻が、わざわざ私を駅まで車で送るために 、待っていてくださいました(*^▽^*)
思いがけないことで、嬉しくて 、思わず市役所の1階で、抱き合っちゃいました(((o(*゚▽゚*)o)))
さらに大きなカボチャまでいただきました!
どうもごっつぁんです。明後日の、テンダー手話教室7周年イベントの時に、カボチャサラダを作って、みなさんにお出ししようと思います。

私は今まで辛いこといっぱいありました 。なんで私ばっかり…そう思うこともありました。
でも、こんなにいろいろな方の温かさに触れることができて、なんて幸せなんだろう…そう思いました。

私はブランド物のバッグも靴も 、高価な化粧品も全く必要ありません。もちろん、私には買えませんし。もし、天地がひっくり返って私がお金持ちになっても、必要ありません。それより、こういう、人と人との温かいつながりを、宝物にしていきたいです。

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA