page top

オーストラリアの赤ちゃんのツボ

私は4月からオーストラリアのろうの女性に日本語と手話のレッスンをしています。
コミュニケーション手段は英語の口話と筆談です。
彼女は非常に優秀で、よく理解してくれます(*^o^*)日本語は読み書きだけではなく、日本語の発話と手話も同時におこなっています。
聞いたことのない日本語の発話は大変だと思いますが、音をローマ字表記することと、日本語の音に近い英語の単語を示して説明しています。

彼女には1才半の可愛い女の赤ちゃんがいて、日本語のレッスンの間、まわりをチョロチョロしています(^O^)
ブルーの瞳とブロンドヘアがキレイで、人なつっこくてとっても可愛いです♪
昨日は指文字の拗音を練習したのですが、「ニャ」を表したとたん「ウキャキャキャッ」と、ものスゴい声で笑い始めました!
今まで見たこともないほど顔をクシャクシャにして、「ウキャキャキャッ」と笑うんです。
他の指文字、例えば「ニュ」とか「チョ」とかでは反応がないのですが、「ニャ」だと顔をクシャクシャにして大笑いです!

その様子を見て、お母さんと私は大爆笑しました(o^∀^o)
オーストラリア人の赤ちゃんにとって指文字の「ニャ」はツボだったようです。
帰りは品川駅まで一緒に帰ったのですが、あんまり面白いので何度も「ニャ」をやっちゃいました(^O^)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA