page top

読み取り通訳の仕事

今日は、大学で読み取り通訳の仕事をしました。

新潟にある「NPO法人 にいまーる」で、聴覚障害者の就労支援と、手話講師の仕事をなさっている臼井千恵さんが、大学のゼミで講演をなさるので、昨年に引き続き読み取り通訳を担当しました。
臼井さんは、テンダー手話教室の講師でもありますので、お会いになった方もいらっしゃると思います。

今日は、聴覚障害者の言語獲得に関してのお話しでした。穏やかでお優しいゼミの先生と、礼儀正しい学生さんたちが熱心にご覧になる中で、とても良い講演だったと思います。

手話の世界に入っていない方たちからの質問は、とても新鮮に感じました。
(例えば、「『机』『椅子』といった『物』ではなくて、『嬉しい』『楽しい』などといった抽象的な言葉をどうやって認識していったのか」とか、「新しい単語に出会ったときに、ろう者はどうやって手話表現を身につけるのか」などです)

読み取り通訳のときにいつも心がけるのは、講演されるろう者の方の品位を損なわないように、適切なキレイな日本語を使うということです。

せっかく良い手話を出していらっしゃるのに、読み取り通訳がぶち壊さないように気をつけています。

ろう者の方にとっては読み取り通訳の出来次第で、講演の質が左右されてしまうので、通訳者を選ぶのは大問題だと思います。

ろう者の方々が安心して任せられる手話通訳士になれるよう、もっともっと磨いていきたいと思います。

臼井さん、お疲れさまでした(*^o^*)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA