page top

110423_1658~01.jpg

今日は朝から礼拝の通訳とミーティング、教会の手話クラブひよこ組での手話指導がありました。

無事にすべてを終えて最寄り駅まで帰ってきました。ドラッグストアとセブンイレブンで買い物を終えて歩きながら、いろんなことを考えてました。

世の中には、特に大きな苦労もせず、なんとなくそれなりに過ごせてしまう人もいる。

一方で、これでもか、これでもかといろいろことが起こり、それを乗り越えないと前に進めない人と、2通りあるんだよな…

などと考えて歩いていて、ふと上を見上げると、空に大きな虹がかかっていました。

今まで見たこともないような、大きくて、ものすごくキレイな虹!

嬉しくて嬉しくて、急いで家に向かいながら携帯で何枚も写真を撮りました。

今、母が原告となった裁判が進行中なので、「きっと裁判はうまくいくよっ!」って励まそうと思って、虹が消えてしまわないうちに母に見せようと思って、急いで家に帰りました。

手も洗わず、うがいもせず、母の部屋へ行き、「大きな虹が出てるから見て!」と母に言いました。

半円形がはっきりわかり、まさに「虹の架け橋」とも言うべき、大きくて立派で、ものすごくキレイな虹!

その虹を見ながら、母はポロポロと涙を流して言いました。
「たこちゃんは、今までいっぱい苦労してきたけど、辛かったこと、全部忘れちゃいなさいね。」

「辛い思いをしたからこそ、何も苦労しないで生きてきた人より利口になったと思いなさいね。」

そう言って、ポロポロポロポロ泣きました。

母は、私がいつまでもトラウマに苦しんでいる姿を見ているのが辛かったのだな、と思いました。

「子どもの頃から今まで、10回位虹を見たけど、こんなにキレイな虹は見たことない。見られて良かった!」と母。

「私は今までに1回か2回しか見たことないけど、こんなに大きくてキレイなの見たことない!」と私。

母と私は、それから虹が消えるまで、20分位ずーっと虹を見ていました。

きっと今日のことは、いくつになっても忘れないでしょう。

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA