page top

オムツを替えに行って、そのまま爆睡

私のブログを読んでくださる方から、私の睡眠不足を心配して頂くことがあります。
温かいお心遣いに感謝しています。

昨年4月に、躁鬱病のいとことの間でトラブルが起こり、今住んでいる家を競売にかけられそうになりました。
それを阻止するために色々しなければいけないことがあり、昨年4月からは、平均睡眠時間が3時間でした。
よく身体がもったなぁと、神様に感謝です。

競売は免れ、家を手放さずにすんでホッとしていますが、現在はもう一つの裁判が進行中です。

これに勝てば、旦那が不貞を働き、40年間も愛人と暮らし、たった一人で死んでいった可哀想な叔母の恨みも晴らせるなぁと思い、準備に余念がありません。

でもやっぱり疲れはたまっているらしく、昨夜手話通訳者会の打ち合わせが終わり、母のオムツを買って帰り、夜11時から夕食の親子丼と、鶏肉ときゅうりのゴマ酢あえを食べてから、12時に母の部屋へ行き、「オムツを替えるから、ベッドにあお向けに寝て!」と言ったあと、記憶がありません(ToT)

母に起こされて気がつくと朝の4時半!
なんと床に土下座した状態で爆睡していました(°□°;)

何やってんだろ、私ったら!
下を向いているから顔はむくんでいるし、寒かったらしく鼻がズクズクです(>_<) それから慌てて母のオムツを替えてシャワーを浴び、ブログに書き込んでいるうちに、あらら、朝の5時40分になり、まわりが明るくなってきました(^_^;) ほんのちょっとだけでも寝てきます。

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA