page top

本の原稿 50,486文字 書きました

本の原稿、50,486文字を書き上げて、昨日出版社に送りました。
今年の夏、本を出版します。

2022年2月「ろう者と聴者の懸け橋に」
2023年10月「はじめてでも そのまま使える 手話会話フレーズ228」
これらに続いて3年連続となります。

3年続けて本を出させていただけるなんて、夢にも思いませんでした❣️
本当にありがとうございます🙏🙏

今までの本と違って、今回の本は手話や聴覚障がい者さんとは全く無関係です。
【クリスチャン5代目としてのファミリーストーリー】です。

原稿を書くとすごく集中してしまって、大体4時間〜4時間半ノンストップで、午前2時過ぎまで書いて、3時頃に寝るというパターンです。

いつも思うのですが、私にとって原稿を書く作業は、「鶴の恩返しで、おつうが自分の羽を抜いてはた織りするのと同じです。

原稿を提出した直後の今は、【全身の羽をむしられた状態】です。
そんな状態ですので、このところ全くメールにお返事できてなくて申し訳ありません🙇‍♀️🙇‍♀️

ではこれから早稲田大学オープンカレッジ 中野校の手話の講義をしてまいります☺️

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA