page top

頑張っている生徒さんへ

時刻は、午後9時を過ぎました。
今日の最後の授業は、「聴覚障がい者のための手話でおこなう日本語講座」。テーマは「引用・伝聞」でした。

人が言ったことを誰かに伝えるときには、4つの表現方法があります。

実際の発言「あとで電話をください」

①人が言った言葉をそのまま伝える(直接引用)
「あとで電話をください」とのことです。

②人が言った言葉から【丁寧さ】を取って伝える(間接引用)
「あとで電話をくれ」とのことです。

③話の内容をまとめて伝える
あとで電話がほしい、とのことです。

④話の内容をまとめて伝える(伝聞の「そうです」)
あとで電話がほしいそうです。

私たち聴者は意識しないで使っていますが、上記のように4種類の表現方法があるんです‼️
これは「手話ができれば自然に身につく」なんてことは絶対になくて、キチンと学ばなければなりません。

今日のろうの生徒さんも、お仕事の後、熱心に勉強してくださいました。

お仕事を頑張って。
日本語の勉強も頑張って。
資格も取得して。
新しい職場への採用も決まって。
本当に一生懸命頑張っている生徒さんに、ささやかなお祝いのお花を贈りました。
私の書いた本を持ってきてくださったので、それも持って一緒にパチリ。

本当によく頑張っていますね👏
私はいつも応援していますよ、これからもずっと。

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA