page top

【全国一斉発売までのカウントダウン (0)】

2022年2月18日(金) とうとうこの日がやってきました。
「ろう者と聴者の懸け橋に〜「手話通訳士」兼「日本語教師」の挑戦」が本屋さんに並びます。

私が開講している「テンダー手話&日本語教室」に通ってくださる、大切な生徒さんたち。
聞こえる生徒さん・聞こえない生徒さん・聞こえにくい生徒さんの思い、当事者の思いを、いっさい脚色することなく、誇張することなく、真実のままお伝えできる日が来たことを、心から嬉しく思っています。

私は、全てを注いで書きましたので、昔話の「鶴の恩返し」の鶴が、自分の羽根を全部抜いて機を織っちゃったような状態です。

2020年8月にテンダー手話&日本語教室にいらっしゃり、「鈴木さん、自分で本を書いてみませんか?」と勧めてくださった大月書店編集者の角田さん。
本の装丁やレイアウトを素敵に考えてくださったデザイナーの古村さん。
温かくて可愛いイラストを描いてくださったイラストレーターの時岡さん。
そして、この本の出版に合わせて私の3つのホームページ「手話通訳.com」「テンダー手話教室」「テンダー日本語教室」を素敵にリニューアルしようとしてくださっている、ホームページ担当の原さん。

皆さん、本当にありがとうございます。
皆さまのご尽力に、心から感謝しています🌸

もしよろしければ、多くの方々にお読みいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします🙏

鈴木隆子

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA