page top

【全国一斉発売までのカウントダウン (4)】

新年早々、肋骨のことでご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
お医者さまから「お風呂の時以外は、寝る時もコルセットをするように」と言われたので、ずっとコルセットをしています。おかげさまで、仕事に穴を空けずに済んでホッとしています。

昨日は、朝6時半に息子が出発した後、なんだか気になって、もう1度、本のゲラをチェックしてみました。
すると、「助詞」と書くべきところ、「格助詞」と書いちゃったところを2箇所発見💦😱助詞の「の」は、格助詞ではないのに、書き間違えていました。

慌てて編集者さんに連絡し、印刷を待っていただくことができました❗️本当にギリギリセーフ💦汗ビッショリかきました。

間違ったことに気づかず出版してしまったら、大変でした😰
気づかせてくださった神様と、印刷を待つように手配してくださった編集者さん、印刷所さんに感謝しています。

さて、本の詳細についてお問い合わせがきているので、概要をまとめました。
1)本のタイトル
「ろう者と聴者の懸け橋に 「手話通訳士」兼「日本語教師」の挑戦」

2)出版社
大月書店

3)定価
1,980円(税込み)

4)発売日
2022年2月18日(金)
★Amazonで、予約受付中です。

5)内容
*手話の世界と聴覚障がい者の世界のドキュメンタリー
*「日本語」と「日本語対応手話」と「日本手話」の文法の解説
*今まで誰も手がけなかった「手話の教授法」と「聴覚障がい者向け日本語教育の教授法」
*「手話通訳士」兼「日本語教師」でなければ書けない内容
*まっすぐに生きるために、忖度せずに書きました

以上です❣️
今日は1月18日ですので、ちょうどあと1ヶ月。
ドキドキしています💓

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA