page top

田園調布雙葉小学校で、講演をさせていただきました

11月15日(月)田園調布雙葉小学校で、「手話と思いやり」というテーマで講演をさせていただきました。
立教大学応援団時代の可愛い後輩ちゃんが先生をしていることから、講演をさせていただくようになり、今回で4年目です。

手話には、「日本語対応手話」と「日本手話」があり、語順が違うことをお話しました。
日本語「私はリンゴが好きです」
日本語対応手話(私+リンゴ+好き+です)
日本手話(私+好き+何+リンゴ+私)

これだけ語順が違うから、聞こえない人が文章を間違えても、笑ったりしないでくださいネとお話しました。

そして、テンダー手話教室の生徒さんが保護した片耳のネコを、うちで引き取って飼っているというお話をしました。

「もし,この片耳ネコのピュアがペットショップで売られたら、高い値段がつくと思いますか?」
(子供たち「思いません」)
「そうですね。でも、そんなこと、私と息子には全く関係ありません。私たちにとって、大切な大切な家族です。障害があるとか、ないとか、そんなこと、人や動物の価値とは全く関係ありません。みんな、神様が作ってくださった、大切な大切な存在なんです。そのことを覚えていてくださいネ」

そう言ってお話を締めくくりました。
純粋なお子さんたちのキラキラした瞳に、私の心も少し綺麗になれたような気がして、気持ちよく教室に戻りました。

毎年お呼びいただき、本当にありがとうございます。感謝です✨

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA