page top

嬉しかったこと

とても嬉しいことがありました。
久しぶりに「手話でおこなう日本語講座」にいらした、ろうの生徒さん。
1年3ヶ月ぶりに受講を再開するにあたり、お礼を言いたいことがあるとのこと。

1)「絶対必要な日本語文法 25講座」を修了したおかげで、日本語の大切さがわかった。
2)自分に対する会社の評価が変わった。
3)今までは、「自分は、ろう者だ」という気持ちが強く、ろう者としてのアイデンティティをアピールしていたが、「手話でおこなう日本語講座」に通って、考え方が変わった。
日本語の大切さを知り、考えが柔軟になった。
すると、それによって会社の周りの人たちの態度も変わり、社内での評価が高くなった。自分でもとても驚き、感謝している。」

このように言ってくださいました。(もちろん手話で)
なんて嬉しいことでしょう😊嬉しくて、昨日は家で乾杯しました。

このことは、「好きになる日本語文法 助詞編」の「あとがき」にも書き、今日のお昼休みに編集者さんにお送りしました👍「あとがき」を書き終えて、一安心しました。

これで安心して、今晩は仕事のあと、新日本プロレスの「GI CLIMAX 31」の応援をしようと思います。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのみなさん、頑張ってください💪

iPhoneから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA