page top

ピュアが元気になりました。

image1.JPG image2.JPG

8月以降、ご心配をおかけすることが多く、申し訳ありません💦🙏
息子の車が追突されたり、私が階段から落ちたり、片耳ネコのピュアが検査入院したり…

具合が悪くなったピュアですが、リビングルームに置いてあるダンボールを、口で引きちぎって食べてしまったのを、息子が目撃していました。
その後、2回ダンボールの破片を吐いたものの、残りが胃の中から出てこなくて、そのために具合が悪くなったようでした。

グラース猫の病院は本当にご親切で、バリウムを13:00に飲ませた後、9時間後、10時間後、13時間後の胃の状態を調べてくださいました。
普通ならそれだけ時間が経てば、もう胃の中にないはずのバリウムが、まだ胃の中にある、ということで、ダンボールが胃の中に詰まったままの可能性があるとのことでした。

全身麻酔で内視鏡で取るか、腸まで下りてきてから開腹手術をするか。

どちらにしても、リスクが高いということで難しい選択となりました。
両方とも怖いので、「なんとか排泄させることはできないでしょうか」そうご相談をしました。
お医者さまから病気の猫ちゃん用の、繊維がたくさん入ったキャットフードを教えていただき、それで排泄されるかやってみることにして、家に連れて帰りました。
「また具合が悪くなったら、すぐに連れてきてください。その時は、全身麻酔で内視鏡か、開腹手術をします」とお医者さまに言われました。

特別なキャットフードは家のそばにはないので、大学の講義の手話通訳の後、探しに行きました。獣医さんが勧めてくださったものを見つけることができ、買って帰りました。

息子に「ねえねえ、お医者さまが勧めていたキャットフードあったの!」と言って袋から取り出すと、
息子が「おまえ、なんで素で、そーゆーことすんだよ」というので、
「え??」と思ってみると、私が見せたのは「鶏白湯鍋つゆ」でした💦😱
だって、袋が似てるんですもの。

高繊維のキャットフードを食べさせて2日後。
ついにたくさんのダンボールが排泄されました‼️
それと同時に、ピュアも元気に動き回るようになりました。
本当に嬉しくて、猫の病院に電話でご報告しました。

皆さまから温かいお言葉をいただき、本当に本当に嬉しかったです。
どうもありがとうございました🙏

息子には「おまえも便秘だから、キャットフード食えよ!」と言われました😱iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA