page top

ご心配おかけしました

image1_7.JPG image2_4.JPG

今日は、手話のレッスンを3コマお休みさせていただき、右膝のMRIを撮ってきました。

補装具で固定された状態で歩くのは、なかなか難しいです。
階段は1段ずつしか登り降りできず、周りの方々にご迷惑をおかけしていると思うと、身がすくむ思いです。

階段の真ん中から下まで落っこちて、普通なら頭や顔を打つところです。
でも、うちの自宅 兼 教室の1階には、次の授業の生徒さんに座って待っていただくための椅子が3つあります。
落っこちながら、その椅子のシートに向かって頭から突っ込んでいったのを、覚えています。
あの椅子のシートが柔らかかったおかげで、頭と顔を打ち付けなくてすみました。
神様に感謝しなければいけないと思っています。

頭から落ちて救急車で運ばれたりしたら、もっとたくさんの方々にご迷惑をおかけしていたことでしょう。右膝を強打しただけで済んで、本当に感謝です。

中野にMRIを撮りに行って、一番感じたのは、「歩くのが超遅いので、交差点の青信号を渡りきれるかな⁈」ということです。
きっと、多くのお年寄りが、同じ思いをされていらっしゃることでしょう。

片耳ネコのピュアは、私が補装具をしているのが不思議のようで、補装具で爪を研いだりしています。

今回、たくさんの方々から温かいお言葉をいただき、本当に嬉しかったです✨
一番のお薬になりました。

ご覧いただいた通り、今回痛めた右膝、1ヶ月前に半月板を切った左膝、その前から骨嚢胞という穴が開いている右股関節以外は、とても元気です。
温かいお言葉、本当に本当にありがとうございました。

MRIのデータは「絶対に開けずに、主治医の先生に渡してください」と、メディカルスキャニング中野のスタッフの方に言われました。
なんだか、浦島太郎の玉手箱みたいです。iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA