page top

聞こえない方の思いを代弁するため、講演活動を頑張ります!

image1_8.JPG image2_7.JPG

先日、大手IT関連企業の方にお招きいただいて、お話をさせていただきました。
タイトルは「手話と思いやり」

・手話は、使用する人によって2種類あること
・日本手話と日本語は、構造がまったく異なること
・聴覚障がい者の方は、日本語の習得が困難であること
・企業で働く聴覚障がい者の方が、辛い思いをしていること

などをお話させていただきました。
つたない講演を熱心に聞いていただき、とても嬉しかったです(*゚▽゚*)

今までは、聴覚障がい者の方々の日本語の文章力をアップすることばかり考えていました。
でも、採用する企業側にもご理解いただかないと社会は変わらないと、最近思うようになりました。

聴覚障がい者の方は、相手が手話が分かる方でないと、自分の思いを理解してもらうことができません。
2009年に「聴覚障がい者のための手話で行う日本語講座」を開いて以来9年、受講生の悩みを伺い、一緒に泣いたり笑ったりしてきたので、その思いを私が代弁して、お伝えしたいなぁと思います。

これからは、講演活動にも、力を入れて行きたいです(╹◡╹)iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA