page top

長岡市にて「聴覚障害者のための 手話で行う日本語の文章力向上講座」

150321_1653~01.jpg

昨夜から、新潟県長岡市に来ています。

午前中、長岡ろう学校の先生に「聴覚障害者の誤用例」の講座を2コマさせていただきました。

そのとき、貴重なお話を伺いました。

「ろう学校ではなくて健聴の学校に通ってる聾の学生は、学校に情報保障もなく、友達とのコミュニケーションもとれずに苦しい思いをしています。

自分たちの言語を使って本音を語り合える、ろうの友だちとの交流が、とても大切です。

でも聞こえない子の9割は聞こえる親から生まれているので、家に、ろうの友だちを呼んで夜遅くまで話していると、いい顔をされません。

行き場がなく、夜遅くに公園に集まり、暗いと手話が見えないので焚き火をしていたら、不良グループと思われて、警察に補導されてしまいました」

聞こえない人たちは、まだまだなかなか理解されませんね(>_<) 私は、このお話を伺って、自分が主宰しているテンダー手話教室を、毎月1回、聴覚障害者のためのサロンとして開放することに決めました! さて、午後は長岡市社会福祉センターで 「聴覚障害者のための 手話で行う日本語の文章力向上講座」の「自動詞・他動詞」の講座を行いました。42名の方々にご参加いただきました(*^o^*) 「今まで、『集まる」と『集める』の違いは何だろうと思ってきたけど、今日でスッキリした」 「もっと勉強したい」 そう言っていただけると、本当に幸せです☆ 日本にたった一つの、手話通訳士 兼 有資格者の日本語教師が行う「聴覚障害者のための 手話で行う日本語の文章力向上講座」を続けてきて、本当に良かったと思います(*^o^*) これからも頑張ろうっとo(^-^)o

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA