page top

卒業式と謝恩会の手話通訳

TS3L00320001.jpg

一昨日は高校の卒業式と謝恩会の手話通訳をしました。

中・高・大学一貫のキリスト教教育の学校ですので、必ず賛美歌や聖書朗読、お説教があります。
私はクリスチャンで、ふだんから教会の礼拝の手話通訳をさせて頂いています。
今回卒業式と謝恩会の通訳をしながら、ふだんから教会の通訳をしていて良かったな?と思いました。
いくら手話が上手でベテランの通訳士さんでも、ふだんから礼拝の通訳をしていないと伝えきれない内容だからです。
神様に感謝です。

卒業式で、ご病気のため卒業式に参加できなかった担任の先生からのメッセージが読まれた時には、涙が出てきてこらえるのが大変でした。
また謝恩会で担任の先生が「このクラスの担任になって、イヤだったことが一つある。それは、卒業式が近づいて、君たちと別れなければならないこと。それがイヤだった」
それを聞いた時、感動して大泣きしそうになりました(ToT)
泣くのをこらえるのが、必死でした。

先生と生徒の仲が良くて、心暖まる卒業式&謝恩会でした。
手話通訳をしていると色々な現場で、感動的な経験をさせて頂くことができて、本当に感謝です(*^o^*)

SNSでシェア

Posted in 日記 | 2 Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA