page top

日本語は、奥が深いです

image1_3.JPG image2_3.JPG

いつもは19:00〜手話のレッスンや日本語講座があります。
でも今日はご予約が入っていないので、その時間を利用して、19:00から「日本語文型辞典」を片手に、聴覚障がいの生徒さんの文章の添削をしました。

【Aというか、Bというか】
人や物事について、自分の判断や思ったことを、頭に浮かんだ通りに表す時に使います。
最後には、自分の考えをまとめて表します。
「彼女の行動は、無邪気というか子供っぽいというか、純粋さに驚いた」

【Aといい、Bといい】
「AもBも」という意味です。批判や評価を表す文章で使います。
「長男といい、次男といい、みんな親の言うことを聞かない」

日本語は、ほんとーに奥が深いです。
「日本語教師なんて、簡単でしょ」って思われたら悲しいです💧

その昔。日本語教師になったばかりの20代の頃。
箱根のホテルのバーで母と飲んでいたら、注文していないカクテルが運ばれてきました。
「あれ?注文していませんけど」というと、ホテルのバーの方が、「あちらのお客様からです」
お礼を言ったのがきっかけで、その方たちと一緒に飲むことに。
「キミ、仕事は何してるの?」と聞かれ、
「日本語教師です」と答えると、
「日本語教師なんて、誰でもできるじゃん」
今の私なら、その人の頭の上からカクテルをかけています(笑)

さっき19:00だったのに。
気がついたら22:30に。
頭が疲れちゃったから、「宝焼酎 お茶割り」を飲むことにします😊iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加