page top

Youtube「テンダー手話教室 ネットで手話レッスン〜第25 回 国会議事堂見学〜」

「手話通訳士試験の過去問の表現をアップしてほしい」というご要望がありましたので、アップしました。
表現は私のやり方ではなく、ろうの友人、つまり【ネイティブ サイナー】の方に教えていただいた通りです。

この動画をご覧になってお勉強なさる方のために、付け加えますと…

1)これはツアーガイドの手話通訳の設定ですので、「正面」というのは、観光客である聴覚障がい者の方にとっての「正面」になります。

2)日本手話の文法に基づき、日本語の格助詞「を」「に」「へ」などは、【指さし】で表しています。

3)日本手話の文法に基づき、日本語の「句読点」は、【うなずき】で表しています。

この表現がベスト、などとは思っておりません。

この表現を叩き台にして、スキルアップをしていただければと思います。

手話通訳士試験を受ける方、頑張ってってください!応援しております(*^_^*)
iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA