page top

息子から

image1_8.JPG image2_6.JPG image3_4.JPG

「遅くなったけど」
息子が箱を渡してくれました。
私「???」
息子 「母の日のプレゼント」
私「えー!l 夢にも思ってなかった!だって…『父』なのに…」
息子、爆笑 o(^▽^)o

4年前に、息子の「もう我慢しなくていいぞ」の言葉で離婚して、シングルマザーになりました。
その後は、大変でした。
それまでも、私はずっと、仕事をしながら生きてきました。

でも。
『配偶者の扶養の範囲で働く』のと、『自分の収入だけで、息子と二人で生きていく』のは、天と地ほど違います。
社会の厳しさを、イヤというほど味わいました。

「息子の学校を、辞めさせなければならないかもしれない…」
眠れない夜が続いたこともありました。

『オシャレなレストランで、ママ友とランチする女性』よりも、『新橋のガード下で飲む、サラリーマン』の気持ちの方がわかるようになりました(笑)

さて…
プレゼントの包みを開けると、中から桐の箱が!
私「わかった!『骨壷』?」
息子、大爆笑((o(^∇^)o))
だって、3月に亡くなった猫のマックスの骨壷に、ちょうど良い大きさだったので(^_^;)

開けてみると…
『桜の柄の、ビアグラス』でした!
思わず、涙。

息子が他のおうちに生まれていたら、もっと贅沢な暮らしができただろうに…
「私の子どもで、ごめんね」って、いつも心の中で思ってました。

今までの大変な日々が、報われた気がしました。
今夜は、このグラスで、いっぱい飲んじゃおうと思います。iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加