page top

ケンカのあと、大学の講義の手話通訳

今日は、朝から母の美容院の送り迎えをし、弁護士さんに資料を速達で送り、10分間でお昼ご飯を食べて、それから母の福祉機器をお借りしているアビリティーズ・ケアネットの方がいらして、それから大学の講義の手話通訳をしました。

朝、母の美容院に送り迎えをする際に大ゲンカしちゃいました。
美容院に行く前に母のオムツを換えたのですが、その時によく見たら母が座っているところが濡れていて、明らかに粗相だとわかりました。
「座布団濡れてるんだけど、粗相しちゃったの?そしたら座布団もカバーも洗わなくちゃ。」ところが母は「違うわよ。麦茶をこぼしたの!」でも今日は母に麦茶は出していません。
明らかに嘘だな、とわかりました。普段、私の心に余裕があるときは嘘に気づかないフリをして、黙って洗濯をするのですが、今日は怒りが収まらなくなってしまいました(;`皿´)
「なんで嘘つくのよ!!どうしてホントのこと言わないのっ!」
「本当に麦茶をこぼしたのよっ!」
一歩も引かない母に、ますます怒りが収まらなくなってしまいました。
ものすご?く怒りながら母を車椅子に乗せ、美容院に連れて行きました。
きっとその時の私は、ものすごく醜い顔をしていたことでしょうね(┳◇┳)

4月14日からずーっと、躁鬱病のいとこのトラブルのことで睡眠時間が3?4時間だったので、もう限界だったのでしょうね(-_-#)
やっぱり心と体が疲れていると、人に優しくできなくなっちゅうんですね(>_<) 反省です(;_;) その後の大学の講義の手話通訳は、内容は難しかったけれど、とっても楽しかったです。やっぱり私は手話通訳や手話指導、日本語指導の仕事が大好きなのだと実感しました(*^o^*)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA