page top

母の視線

一昨日の金曜日に、母を連れて病院に行きました。

高血圧などのため、毎月1回荻窪にある病院の内科にお世話になっています。

診察が終わってからサイゼリヤでお昼を食べ、それからフルーツパーラーに行きました。

私はフルーツみつ豆を、母はぜんざいを注文しました。

私たちの隣りのテーブルの女性も、母と同じくぜんざいを注文されました。

しはらくして隣りのテーブルの女性にぜんざいが運ばれ、続いて私のフルーツみつ豆がきました。

すると隣りのテーブルの女性は、私のフルーツみつ豆を見て、
「まあ、あれ美味しそうだわ!あれの方が良かったわ!」とおっしゃいました。

続いて母のぜんざいも運ばれてきたのですが、母も一緒になって
「たこのフルーツみつ豆の方が美味しそうだわ!私、なんでせっかくフルーツパーラーに来たのに、どこでも食べられるぜんざいにしちゃったのかしら!?本当に私ったらバカだわ〜(∋_∈)」

そういうと、私のフルーツみつ豆から視線を外そうとしません(^_^;)

「なんだか私、食べにくいなあ…」と思いながら、とりあえず食べ始めました。

フルーツいっぱいのみつ豆はとっても美味しくて、フルーツはもちろんのこと黒蜜もとっても美味しかったので、母に
「ねぇ、食べてみる?黒蜜もとっても美味しいよ!」と言って勧めたのですが、
「ここのお店の黒蜜の味は知ってるから、いい!」と言って食べようとはしません。

食べようとしない代わりに、私のフルーツみつ豆から視線を外そうとしません(┳◇┳)

私は本当に食べにくくて、困りました(>_<) フルーツみつ豆の最後にメロンを食べようとしたとき、やっぱり母にあげようと思って、 「メロン食べていいよ!」と言って勧めたのに 「いいっ!」 と言って断固として食べようしない代わりに、怖い顔をしてメロンを見ています! 私は本当に食べた気がしませんでした(┳◇┳) 「お前は子供か!?」と言いたかったです。 うちに帰ってしばらくしてから、 「さっきは視線がコワくて食べた気がしなかったわよ!」 と言ったら、 「私ったら、イヤだわ〜。」と大爆笑していました。 来月病院の診察に行った帰りには、絶対にフルーツみつ豆を注文するんだそうです(^_^;) 本当にマイりました(>_<)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA