page top

もうちょっと配慮して!

最近は企業から、聴覚障がい者の社員研修の依頼を受けることが増えてきました。

私は依頼を受けるたび、「聴者ばかりの会社の中で、聞こえない方が少しでも過ごしやすく仕事ができるといいなあ」と願いながら、研修や講演をさせて頂きます。

そのような会社は聴覚障がい者の社員のことを、大切に思っているのだろうな…と嬉しく思います。

でも時々、「配慮が足りないよ?」って叫びたくなることもあります。

ある聴覚障がい者の社員に対して、彼の上司が彼の斜め前や斜め後ろから声をかけて、仕事の指示をしている姿を見ました。

多くの聞こえない方は口話の訓練を受けているので、たとえ自分はまったく聞こえなくても声を出して発話し、相手の口の形を読み取ることで、相手の話を理解します。

でも!
相手が正面にいて、キチンと口を開けなければ、正しく読み取るのは難しいです(>_<) 斜め前や斜め後ろから、しかも早口!! これでは、読み取りは難しいだろうな…(>_<) 書類をいつまでに提出するように、という大切な指示だから、紙に書いてあげればいいのに… そう思いながらハラハラしていました。 上司の人は、相手に「伝わったか」は気にせずに、自分が「伝えた」ことで自分の務めは果たしたと考えているようです。 でも「伝えた」ことと相手に「伝わった」ことは違います!! 聴覚障がい者の社員くんは、先輩に対して 「正面から話してください」 「早口ではなく、ゆっくり話してください」 「大切なことは紙に書いてください」などとは、とても言えない感じでした。 大丈夫かなぁ… これからもずっとあんな風に指示を出されては、いつかトラブルが起きるのではないかしら… 心配でモヤモヤしています(∋_∈)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA