page top

残念なこと

大阪在住の、ろうのお友だちが、このニュースを教えてくれました。
社会の中では聴覚障がい者のことを、こんなふうに思っているのかと思うと残念です。

手話、特に『日本手話』と日本語は、語順も語彙も文法も違うので、日本語の文章を正しく書くことが苦手な方々がいらっしゃいます。

でも、それは言語の構造の違いによるもので、本人の能力の問題ではないのですが、文章力やコミュニケーションの問題で企業での離職率が高いのは事実です。

私、早く『好きになる日本語文法』のテキストのシリーズを全巻出版して、聴覚障がい者の方々の文章力向上に力を尽くし、離職率を低くして、職場に定着できるようにしたいと思います。

大阪府立生野聴覚支援学校生徒事故の公正な判決を求める要請署名運動へのご協力のお願い

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA