page top

誕生日に

image3.JPG

10月13日は、誕生日でした。

朝起きて、母の部屋に入り、
「いろいろ苦労しながら 、育ててくれてありがとう。
父親がお酒飲んで暴れたとき、身体を張って守ってくれてありがとう」
と母の写真にお礼を言いました。

朝から大学の講義の手話通訳を2コマして、
午後はテンダー手話教室で手話のレッスンを3コマ。
夜は 「聴覚障がい者のための日本語講座」で「尊敬語」の授業をしました。

夜11時半過ぎに帰宅して、
「ごめんネ〜。すぐ食事の用意するね」
と息子に言いました。
すると何やらゴソゴソ。
「???」
「誕生日おめでとう」
とプレゼントを渡してくれました。

思いがけないことで、思わず涙。

離婚してシングルとなり、息子との2人暮らしを始めて、1年数ヶ月経ちました。
私の性格が男っぽいので、
「ウチは父子家庭だよな」とか
「おまえが死んだら葬式でいうこと、決めてあるから。
『男気があって、お父さんのようなお母さんでした』って言うから」
いっつもそんなこと言ってるのに、誕生日、覚えててくれたんだ。
いろいろ考えて、プレゼント買ってくれたんだって思って、ウルウルしました。

息子には、母や私の分まで、幸せな人生を過ごして欲しいなぁって、自分の誕生日に思いました。iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA