page top

2時間の読み取り通訳

先日、地元の手話講習会の全体講演会がありました。

初級・中級・上級・通訳コースの受講生さんたち、講習会の講師・地元の登録手話通訳者・助手をしてくださる聴覚障がい者の方々・市役所の地域福祉課の方などが参加されました。

東京都聴覚障害者連盟の役員の方をお招きしての、2時間の講演会の読み取り通訳を担当しました。

手話を知らない方が何百人いらっしゃる中で読み取り通訳をするよりも、手話関係者しかいない中で読み取り通訳をする方が、どれだけ緊張するか、わかりません(>人<;)

でも私、手話通訳になってから、仕事が重なる時以外は、通訳の依頼を断らないって決めているんです。
難しい依頼がきても、逃げないと決めています。
現場を踏まないと、上達しない。恥かかないと、成長しないので。

とはいえ、前日の夜から緊張し、当日、会場に向かう時は「引き受けなきゃよかったかな」と、弱い気持ちになりました。

緊張でハゲるかと思いましたが、無事に2時間の講演会の読み取り通訳が終わって、心の底からホッとしました、

終わってから、差し入れをくださった、私のクラスの生徒さん、ありがとうございましたm(._.)m

iPadから送信

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA