page top

ご心配おかけしました

image1_2.JPG image2_3.JPG

8月8日(土)に息子の車が追突されたことに関しまして、多くの方々から温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。
心細かったので、温かいお言葉がとても嬉しく、励まされました。

息子が右折のため停止していたところを、後続車に突っ込まれた追突事故ですが、後続車のドライバーが運転中に足元に物を落として、運転しながら取ろうとしたために、前を見ずに突っ込んでいったという前方不注意。

事故の一部始終を見ていたという、息子の職場の後輩さんの証言や、防犯カメラの映像から、後続車はブレーキを踏まずに突っ込んでいったことがわかりました。
防犯カメラを見た方から「よく生きてたね」と言われたそうです。

後部の潰れた息子の車の状態をご覧になった板金の方も、「この車を運転していた人は、本当に無事だったのですか⁉︎」とおっしゃったそうです。

改めて、事故の凄まじさがわかり、血の気が引きます。

写真は、息子が3歳の時。初めて連れていった東京モーターショーです。
この時から、ずーっと車が好きで。
でも、私には車を買ってやる余裕も、援助する余裕もありませんので、息子が懸命にバイトして買ったスイフト スポーツ。

とってもとっても大切にしていたので、車が身体を張って、息子の命を守ってくれたのだと思います。

実は息子は、もっと前にも命を守られたことがありました。
私が息子を妊娠中、父が私に暴力をふるったのでした。
「この子のお腹には赤ちゃんがいるんですよ‼️赤ちゃんに何かあったら、どうするつもりですか‼️」
そう言って、母は身体を張って、私とお腹の息子を守ってくれました。
それでも父は、「おまえのお腹の子なんて、死んでも構わない」
そう言って、さらにエスカレート。
母にも暴力をふるい、私は110番通報。警官が3人駆けつけてくれました。

あまりにも悲惨すぎて、今では涙も出ない思い出ですが、あの時、母が守ってくれなかったら、今の私と息子はいなかったと思います。

身体を張って守ってくれた、あの日の母。
そして、今回の息子の愛車。
それぞれへの感謝の気持ちは、一生持ち続けなければと思います。iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加