page top

サントリーオールドのCMが大好きです

最近、なつかしのCMを集めた「CM50年史」のDVDが発売されました。
その影響か、今晩も12チャンネルで「なつかしCM大賞」をやっていました。

それを見ていたら、懐かしさでいっぱいになりました。
そのCMの放送されていた時代に、あっという間にタイムスリップしてしまいました。

私が何よりも感動して胸がキュンとしたのは、「サントリーオールド」のCMでした。

私はちっちゃい時から、そう、幼稚園へ入る前くらいから、サントリーオールドのCMが大好きでした。
でも、大人の世界だから近づけない気がしていました。

それが今日、何年ぶりかでサントリーオールドのCMを見たら、心が高ぶりました。

それでそれで、急いでYouTubeで「サントリーオールドCM」を検索したら、想像以上に数多くの動画が出てきました。

私の好きなあのCMソングが「人間みな兄弟?夜が来る」というタイトルで、作曲したのが、あの小林亜星さんだということがわかりました。

これだけ沢山動画がアップされているというのは、やはりこのCMが素晴らしいからなのでしょう。

若いときは、ちょっと近づき難く感じていましたが、今この年齢になり、嬉しいことも悲しいことも、辛いことも切ないことも、苦しいことも、夜道を歩きながら一人で泣いたことも、色々な経験を重ねた今だからこそ、堂々と「サントリーオールドのCMが好き」と言えるようになったのだと思います。

いっぱいアップされた動画の中で、私が特に好きなのは2つ。

1つは1985年の作品で、リー・ヴァン・クリーフが出ているもの。
嬉しいことも悲しいことも沢山経験して、人生の年輪を重ねてきた人だけが持つ、素晴らしい魅力があります。
こんな風に年を取れるなら、老いることは全く嫌なことではなくなります!

そして2つ目は、「恋は遠い日の花火ではない」の田中裕子さんのCMです。
「恋は遠い日の花火ではない」というと長塚京三さんの作品が有名ですね。

もちろんそれも素敵ですが、私が心惹かれたのは、田中裕子さんとNHK「龍馬伝」の武市半平太役で秀逸な演技を見せた大森南朋さんが共演した作品です。
大森南朋さんが出ていたとはビックリでした。

「恋は遠い日の花火ではない」

最高のフレーズです。

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA