page top

東京都聴覚障害者大会

今日は、足立区西新井で行われた第57回東京都聴覚障害者大会に行きました。
同じ地域の手話通訳者の友達と参加しました。
西新井は遠いので、朝9時15分に待ち合わせをして行きました。

始まる前に西新井の駅の近くのビジネスホテルで早めの昼食を済ませたのですが、その量にビックリ(°□°;)
スープ・サラダ・パスタ・さらに鶏の唐揚げ2個とフライドポテトのお皿・飲み物・ミニケーキがついて990円!

ビックリです!
足立区ではどこもこんなにボリュームがあるのでしょうか?

会場の席は、ろう者の友人が取っておいてくれました。
私の人生で初めて出会ったろう者である彼女は、私と同じ教会のクリスチャンです。

「彼女ともっと話がしたい」「みんなが話している内容を、もっと正確に彼女に伝えたい!」
その思いで勉強を重ねた結果、手話通訳士として活動している今の自分がいます(*^o^*)

会場のギャラクシティには色々な福祉機器のお店が出店していました。その中には、私のかつての職場 ワールドパイオニア(現ダブル・ピー)のブースもあり、職員さんにペコリと挨拶をしました。
それからこの11月に全日本ろうあ連盟が出した「わたしたちの手話 学習辞典」を買いました。
この本は全国手話検定試験にも対応とのことです。

でも私には、不思議なことが一つ。
私が以前、NPO手話技能検定協会の試験部に勤めていた頃、手話の検定試験というのは私が勤めていた団体しかありませんでした。
その時は「手話の検定試験をするなんて、とんでもない!」と全日本ろうあ連盟はバッシングしていたのに、今度は、その全日本ろうあ連盟が検定試験を行うとは、とーっても不思議な気がします(?_?) 

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA