page top

DVD撮影で

今日の予定は…
朝から小平にある病院へ行き、母のうつ病のお薬(精神安定剤と抗うつ剤)を頂き、その足で品川の(株)UDジャパンに行き、今年の4月から始まった「手話で行う日本語の文章力向上講座」の通信講座の教材用のDVDのチェックと撮影をすることになっていました。

ところが朝、母の下の世話に、なんと1時間20分かかり(!!)病院に間に合わなくなり、撮影時間も30分ほど遅らせて頂きました(>_<) しょげている母の前でイヤな顔をしては可哀想なので、キッチンで一人で「もうイヤだぁ?(;_;)」とペソをかき、気持ちが落ち着いてから 母の部屋へ行きました。 私もまだまだダメですねぇ(>_<)仕事の前に粗そうされちゃうと、つい悲しくなって涙が出てきたりします。 でもそういう時にガマンしないで、泣くとスッキリ!! 憑き物が落ちたみたいに、また頑張ろうという力が湧いてきます(^o^)/ さて今回のDVDの内容は、「聴覚障がい者の誤用例」 日本語教師になるための、「日本語教育能力検定試験」の試験範囲にも、外国人の日本語学習者の誤用例(間違った使い方の例)がありましたが、今回の講座でも、まず外国人の日本語学習者がどんな風に間違えやすいかを解説したあと、聴覚障がい者の誤用例を分析して説明しています。 自分で自分のことを自慢するのは良くないですが、おそらく成人の聴覚障がい者の日本語の誤用例をまとめて解説している講座は、私の講座のほかにはないと思います。 聴覚障がい者団体などで、聴覚障がい者のための文章力講座を開いているところがありますが、講師の方を見ると日本語教育能力検定試験に合格したプロの日本語教師が行っているところはないからです。 だから私のこの講座がもっともっと広がって、聴覚障がい者の皆さんが自信を持って日本語の文章を書けるようになるために役立てるといいなあと心から願っています(*^o^*) さて、撮影した私のDVDを見たら… あれまっ!小指が立ってる! 「きれいじゃない」という日本語を間違えて、「きれいくない」と書いてしまう聴覚障がい者の方が多いので、その解説をしている場面で、私の指文字は「きれい」の「れ」のところで、「き」で立てた小指がそのまま立っていて、残ったまま「れ」をしているので「I LOVE YOU」の手話になっていました! ありゃまっ! よくお酒飲む時に小指立てている人がいますが、あんな感じです(^_^;) 慌てて取り直しましたが、気がついて良かった?!

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA