page top

そりゃないでしょう!

私は地元の手話通訳者会で、ビデオ係を担当していました。
研修で撮影したビデオを自宅に保管し貸し出します。2009年度末の時点でのビデオリストを作成し、配布しました。すると「2009年度に作成したビデオが載ってない!」と言われました。
「へ?」私は2009年度に撮影した新しいビデオは受け取っていません。
するとある先輩が「隆子さんに渡した」と言いました。
「えっ!?私は受け取っていないんですが」私は自分の記憶に頼るのは不安なので、ビデオのやり取りは必ず記録しているのですが、記録も記憶もありません。
帰宅後、その先輩に改めてメールで聞いてみても、やはり「11月14日に隆子さんに渡した」とおっしゃいます。どうしても腑に落ちないのですが、通訳者会の方々からは「ビデオは見つかりましたか?」「ないと困ります」「探して下さい」などのメールが来ました。
それで月曜日には朝から夜まで1日中、家中を探しました。手話の研修に行く予定でしたが、欠席しました。
ところが、どうやって探しても見当たりません。自分のものならともかく、通訳者会のものをなくしたら大変です(>_<) 半泣きになりました(;_;) すると後輩の通訳者さんから電話が入り、私が先輩から「11月14日に隆子さんに渡した」と言われたそのビデオは、その先輩本人から直接後輩の通訳者さんに渡されていたとわかりました(°□°;) なぁにぃ?何度聞いても「隆子さんに渡した。」って言ってたのに!しかも日にちも違いました! 自分に覚えがないのに受け取ったと言われ、私がなくしたことになっていたビデオは、他の人に渡されていた。しかも、その先輩から! すぐに関係者の通訳者さんたちにメールをして「私ではなく他の人に渡されていた」「今後このようなことが起きないために、ビデオの受け渡しの時は、必ず記録をしてほしい」とお願いしました。 自分が関与していないのに、自分の名前を出されるのは、本当に困ります。疑われるのはツラいです(>_<) 思い違いをした先輩からは「自分が隆子さんに渡したと言って迷惑をかけた」「でも昨年のことで記憶も曖昧になるのは理解してほしい」「みんなもこれから記録するように周知願う」とありました。 あれ??これで済ませちゃうんだ(°□°;) 渡されてないのに「渡した」って言われて、私がビデオをなくしたことになってしまったのに、これで終わりなんだ(◎o◎) そりゃあ、ないでしょう!! 信頼していた先輩だっただけにガッカリです(T_T) 何かトラブルが起こったとき、軽々しく人の名前を出されると、どんなに迷惑がかかることになるか、身を持って体験しました。 イヤな思いをしたけれど、これをプラスに変えていかなきゃって思います。 神様は「疑われた人の苦しみ」を私に理解させるために、こういう経験を与えられたのかもしれないって思うことにしますo(^-^)o

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA