page top

病院通訳と早慶戦

昨日はろうのおばあちゃまの病院通訳をしました。通訳のあと、一緒にお昼を食べてきました。そのおばあちゃまの病院の通訳をするときはいつも、祖母が生きていたときに毎回病院の付き添いをしていたことを思い出し、優しい気持ちになります(*^o^*)
いつまでも元気でいてほしいです。

夕方には、私の大先輩の、有名手話通訳士さんからメールを頂きました。優勝のかかった早慶戦を見に行かれたそうで、「緊迫した試合なのに、気が付くとチアリーダーについ目が…」と書いてありました。
ハハハ、正直な方です(*^o^*)
私が立教大学時代、東京六大学野球のチアガールをしていた時、立教は超弱かったです。
立教ー東大戦はいつも最下位決定戦でした。当時チアガールは1学年4人までと決められていましたが、試合開始前のエール交換では、お客様の数よりチアガールの数の方が多く、先輩からは「(お客様がいなくて)椅子を見ながらでも、笑顔で踊りなさい!」と言われていました。早慶戦のような大観衆の前で踊ってみたかったです。

SNSでシェア

Posted in 日記 | 1 Comment »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA