page top

大学の入学式の通訳

先日大学の入学式の手話通訳をしました。
私が大学で通訳をするようになって、この4月で4年目です。その時の新入生が4年生となり、今度はまた新しい学生が入ります。
聴覚障がいの学生にとって、同じ聴覚障がいの先輩がいるのは心強いことでしょう(*^o^*)
その大学はミッションスクールなので、入学式ももちろん礼拝形式で行われます。私は幼稚園から大学まで、すべてミッションスクールだったので、とっても懐かしかったです(*^o^*)
ただ…始まる前の打ち合わせで、一緒に通訳を担当する通訳者で手話合わせをしたのですが、先輩が「神様」を神道の「神様」の手話(お参りのよいに両手で叩く)で表しました。
私は6年前から自分の教会で手話通訳をしているので「すみません、それは神道の『神様』で、キリスト教の場合は、こうなんです」と言って、表してみました。
キリスト教の場合は、指文字の『か』で表すんです。それは、『神様』の『か』であると同時に、指を3本使うことで『三位一体』を表すんです。
ところが、あえなく却下されてしまいました。先輩の通りにやるように、とのことでした。
うーん(>_<) 本来の意味が違うんだけど… でも、通訳の世界は先輩後輩がハッキリしているし、日本はクリスチャン人口が1%未満なので、立場が弱いです(;_;) キチンと内容を伝えたい私としては、非常にモヤモヤしたものとなりました(T_T) その日の夜は、手話講習会で1年担当した受講生さん達と、お疲れ様会がありました。その日は母の心身の状態が良かったので、安心して行ってくることができました。 場所はJR三鷹の駅から歩いて10分の「くらうど」っていうお店です。季節を感じさせる食材をふんだんに使ったお料理が最高に美味しい、私のお気に入りのお店ですo(^-^)o そこで、とても珍しいピンクの日本酒を頂きました。 体中に春が染み渡る感じでした(^o^)/ (お酒の写真を添付しようとしたら、保存してないことに気づきました(^_^;))

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA