page top

「サポート手話」が教科書に!

今日はとっても嬉しい報告がありました。
2008年10月に出版した、介護の現場で役立つための手話の本「サポート手話」が、なんと長野県の看護専門学校で教科書として使われるそうです!
思いもよらぬ嬉しいメールを見て、私は思わず「うおー!」と家の中で叫んでしまいました!
「何かあったの!?」と、家族が驚いて飛んできました。
自分の書いた本が教科書になるなんて信じられません(°□°;)夢のようです!
普通の手話単語を並べた手話の本とは違い、私が寝たきりの祖母を介護した2年間の生活の中で、祖母との毎日の会話を思い出して、そこで使った単語を選んでまとめたものです。さらに私の介護体験記など、現場の声も色々載っています。
そのあたりが教科書に選ばれた理由でしょうか?
神様と、教科書に選んでくださった方に心から感謝です。
3年間の歳月をかけて、心を込めて作った本は自分の子供と同じです。
私の手から巣立ち、多くの方の役に立ってほしいです(*^o^*)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA