page top

今日は早めに

image1_2.JPG

いっつも帰りが遅いのですが、今日は珍しく20:30に教室を出ます。
ウチに帰って、お鍋を食べながら「99.9」を見て、少しゆっくりしようと思います。

タコのぬいぐるみは、2年前にマリンピア日本海で買って、気に入っています(*^_^*)

iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

出版記念イベント ありがとうございました

image1.JPG image2.JPG

1月27日に『ろう者の祈り』の出版記念イベントが行わました。
ご参加いただいた方々から「心温まるイベントでした」「久々に感動しました」「Jupiterの手話ソング、感動しました」と、温かい感想をたくさんいただきました。
本当に本当にありがとうございます。
この場をお借りして、心から感謝申し上げます。

この本に書いていただいたことで、聴覚障害者の方々が社会でどんなに大変な思いをなさっていらっしゃるか、実情をご存知ない方々に知っていただくことができて、本当に良かったです。

それと同時に母と私にとっても、出版は大きな意味を持ちました。
「なんで私たちは、こんな辛い思いをしなければならないのだろう」と、
母が亡くなる4日前に二人で抱き合って泣きました。
この本がなかったら、母と私の人生は辛いだけで終わっていました。
この本を契機に、やっと前に踏み出せたように思います。
母に読んでもらいたかったなぁと、心から思います。

さて、昨日。仕事の合間の遅い昼食は、一足お先に恵方巻。
恵方巻を見ると、実際は寒いですけれど、春の足音が聞こえるような気がします。

今、人生の冬を経験していらっしゃる方にも、春はきっとすぐそこまで来ています。iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

『ろう者の祈り』出版記念イベント

image1_5.JPG image2_5.JPG image3.JPG

1月27日(土)14:00〜『ろう者の祈り』出版記念イベントが行われました。
1)作者で、朝日新聞編集委員で、東大応援部リーダーOBの中島隆くん。そして、本の主人公 2人(NPOにいまーる施設長 臼井千恵さんと 私)のパネルディスカッション
2)冗談手話レッスン
3)手話ソング「Jupiter」(ジュピター)
4)サイン会

いらしてくださった皆様、本当に本当にありがとうございましたm(._.)m

★「冗談手話」に関しては、いろいろご意見があるかもしれません。
しかし日本語でも、ニュースや新聞、学術論文で使われる硬い語彙もあれば、テレビでお笑い芸人が話す、くだけた言葉もあります。
どちらがいい、悪いではなく、 場面に応じて使い分けるもの。手話だってそうです。

本やイベントでご紹介した冗談手話は、全て私がろう者に教わったり、全日本ろうあ連盟の「新しい手話」に出ていたもの。
いろいろな語彙があることをご紹介して、手話を身近に感じて、興味を持っていただきたいと思いました。

★また、手話ソングに関しても同じです。
手話ソングをよく思わない方も、いらっしゃると思います。
でも、外国人アーティストの歌がきっかけで、英語が好きになった人もたくさんいます。
私たちが英語の歌を歌っても、アメリカ人から「英語は日本人のものじゃないから、歌うな」って言われることはありませんよね。
手話が言語であるなら、それを使った様々な表現方法も認められていいのでは?

今回「ジュピター」を手話に訳すにあたり、2ヶ月かけて、推敲(すいこう)に推敲(すいこう)を重ねました。
「ただの単語の羅列」にならないように。
歌詞の真意を、キチンと伝えられるように。
そして日本語教師なので、日本語の「助詞」の部分も、指文字以外の表現でキチンと表すように。

ご参加いただいた50名弱の方々、本当にありがとうございました。
また、温かいお心遣いをくださった方々、本当にありがとうございました。
イベントが、いつまでもみなさまの心に残るものでありますように…

iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »