page top

「透明マスク」デビュー

image1_6.JPG image2_5.JPG

コロナ禍で、手話通訳の仕事が減りました。
3月には、大学の卒業式と小学校の卒業式の手話通訳。
4月には、中学校の入学式の手話通訳をいたしました。
でも、そのあとは。
週に3コマ担当が決まっていた、大学の講義の手話通訳も全部キャンセル。

今日は久しぶりの手話通訳で、「透明マスク」デビューです。
「手話通訳者や手話通訳士は、なんで透明マスクをするの?」って思っていらっしゃると思います。

手話の単語は、正確には数えられないけれど、約8000語。
日本語の単語も、正確には数えられないけれど、約8万語から10万語。
つまり、一つの手話単語でいくつも日本語の意味があります。

「今日」という手話は、「今日」「今」「本日」「ただいま」「現在」などなど、いろいろな日本語の意味を持つので、口の形(口型)で違いを表します 。

また、「不必要」を表す時は「プ」という口の形(口型)をする、などの、日本手話のルールもあります。

なので、口の型を表さなければならなくて、透明マスクを使うことになります。

今日は、透明マスクデビューでした。
やってみたら…
「障害者の住みやすい街作り」という表現が、何度も出てきたのですが。
「障害+人々+住む+スムーズ+街+作る」という手話で表す時、「スムーズ」という手話をするたびに、マスクに手が引っかかって、マスクを叩き落としちゃいました😱💦

でも。
手話通訳の私たちに、透明マスクを配布してくださった、市役所の障害者支援課に感謝いたします。
透明マスクに合った手話の表出に、 慣れなければ‼️

手話通訳から帰宅し、やっとこれから夕食です。
今日は、手話講習会の受講生だった時の同期のお友達と一緒の手話通訳で、嬉しかったです😊iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

ピュアが3歳になりました

image1_5.JPG image2_4.JPG image3_2.JPG

片耳ネコのピュアが、3歳になりました🐱
上野動物園のパンダのシャンシャンと同じ、2017年6月生まれです。
お転婆な女の子、というところも、シャンシャンとおんなじです。

3年前に、テンダー手話教室の生徒さんが保護なさった、片耳のない赤ちゃんネコ。
スーパーに「里親募集」の張り紙をしたのに、1週間たっても2週間たっても、里親になる人がいない、とご相談を受けました。

片耳がないことが、原因だったのでしょう。

先住ネコがいるので、どうしようかなぁ…迷っていた私に
「そういうネコを引き取るのが、ウチだろう!」
息子の一言で、ウチに引き取ることにしました。

この子と暮らして、よくわかったことがあります。
障害があるとか、ないとか。
他の子と違っているとか、同じとか。
そんなことは、この子の価値とは、全く関係ないってこと。
それを私に教えるために、ウチに来てくれたのだと思います。

夜の手話教室の仕事が終わって、22:30。
動物写真家の岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」を見ながら、いつもと同じように、遅い時間の夕食作りをしていました。

ふと見ると、ピュアが正座して(?)テレビを食い入るように見つめていました。

「ネコも楽しめるネコ番組!?
ネコの目線で世界の街角のネコを撮影!動物写真家・岩合光昭さんが写す愛らしいネコの表情を満喫してください。」
番組のHPにもあるように、本当にネコも楽しめるようです🐱

ピュアがウチの子になって良かったと、思ってくれているといいのですが。iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

ロフトのお片付け

image1_4.JPG image2_3.JPG image3.JPG

コロナが収束してはいないものの、少しずつ日常が戻ってきました。
そうすると、また、毎日10時間以上授業をする生活になります。
なので、その前に、前からずっとやりたかったことをやりとげました。

1年半前に今の家に引っ越したのですが、引っ越しの前日も夜まで仕事。
翌日も、朝1限から大学の講義の手話通訳…
何より仕事優先の私は、ロフトのお片付けができず、6畳分のロフトいっぱいに置かれた段ボールを、一つも開けていませんでした。

一念発起し、毎日 毎日仕事の合間にロフトにこもること、15日間。
やっと全てお片付けができました。

すると…懐かしいものが。
立教女学院小学校の、卒業記念で作った作品が出てきました。
私は図工の先生に「〇〇○を作りました」と言って提出したのに、先生がつけた題名は「〇〇○〇」💦😱

幼心が傷ついたのを思い出しました。
でも…今見ると、先生に罪はありませんね(笑)iPadから送信

 

Posted in 日記 | No Comments »