page top

image1_5.JPG

テレビでは「大雪」と盛んに言っていて、どうなるかと思いました。
でも無事に、教会の礼拝のお説教の手話通訳が終わりました。

私は2004年10月から、教会で手話通訳をさせていただいております。
当時を考えると、どんなに下手だっただろう…と赤面してしまいます。

牧師さんが「今日は小学生と一緒の礼拝ですので、『混雑して』申し訳ありません」とおっしゃったのを、
「小学生と一緒の礼拝ですので、『気色悪くて』申し訳ありません」と手話表現してしまったり(>_<) 私は真面目なクリスチャンではありません。 ここ数年は、礼拝をお休みして、仕事を優先してばかりです。 でも、根っこに信仰があったから、母も私も、父のDVに苦しみながらも、まっすぐに生きてこられたのだと思います。新しい家を買って引っ越して、1カ月が過ぎました。 「お母さんとの思い出の、いっぱいあるおうちを手放すのは、寂しいでしょう」と、よく言われます。 でも、あの家での思い出は、母の涙や父のDVで警察を呼んだことなど、悲しい記憶ばかり。 なので、母の思い出の品物をいっぱい持って、母と一緒に今の家に引っ越しました。 家の中に暴力がないって、なんて幸せなのでしょう。 このうちに引っ越して、私は初めて自分の家が、安らげる場所となりました。 新しい家の前には、『必殺仕事人』に出てくるような祠があり、その前には1537年に創建された神社があります。 北海道ではホワイトアウトで大変な思いをしている方がたくさんいらっしゃると思います。 どんなにか大変なことと思います。 でも、少量の雪はとても素敵です。 家の前の祠に、雪が積もって、うっすらと薄化粧しています。 雪は素敵。 その下の、汚いもの・汚れたものを覆い隠して、清らかに白くしてくれます。 人は、幾つになっても生き直せる。 祠の屋根の雪を見て、改めて、そう思いました。 iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

再び サクラサク

image1.PNG

先日、テンダー手話教室の生徒さんが、手話通訳士試験に合格されたことをアップしました。

そして今度は、別の生徒さんが、地域の手話通訳者登録試験に合格されました!

嬉しくて、また涙が出ちゃいました。本当におめでとうございます!

地域の手話講習会に通うと、3年目あたりから講師に言われます。
「今まで初級や中級の頃は、楽しくやってきたかもしれませんが、これからは内容が難しくなるので、厳しくなります」

「これって、ヘンだよなぁ」って、いっつも思っていました。
内容が難しいことと、受講生さんに対して厳しいことと、関係ないんだけど…

手話の文法のルールや、手話と日本語との違いをキチンと説明して、受講生さんに納得していただければ、楽しい授業だって十分上達できるのに(>_<) ずっと、そう思ってテンダー手話教室をやってきました。 それは、間違いではなかったようです(((o(*゚▽゚*)o)))♡ iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »

パスポート

image1_4.JPG image2_3.JPG

今日は手話のレッスンの合間に、慌ててパスポートの申請をしに行きました。
パスポートを取るのは、なんと大学生の時以来です(^◇^)

かつて結婚していた頃は、祖母や母の介護もあり、経済的にも時間的にも、海外に行く余裕は全くありませんでした。

今回の渡航は、3月に手話指導の仕事で、ベトナムのハノイに行くことになったためです。

外国人労働者として、日本で医療従事者・介護従事者の仕事につくベトナムの方々に、日本の手話と聴覚障がい者について指導するようにご依頼を受けました。

大きなお仕事です。

ただ手話の単語を教えるのでなく、1)語学に不可欠の、文法をキチンと説明する

2)医療・介護の現場には、ろうの方も、中途失聴・難聴の方もいらっしゃるので、一つの文を「日本手話」と「日本語対応手話」両方で表す勉強をする

3)私は日本語教師なので、日本語の「助詞」に、こだわりがあります。なので、取り立て助詞の「は」や、格助詞の「に」や「で」を手話に置き換えるとどうなるか、ということも、自分が調べた範囲で、お話してこようと思います。

甘えん坊のピュアは、いい子で待っていられるでしょうか?

iPadから送信

Posted in 日記 | No Comments »