page top

オーストラリア人のろう者ファミリーと井の頭公園へ♪

101212_1416~01.jpg

キレイに晴れ渡った日曜日、私が昨年から今年にかけて1年3ヶ月日本語を教えていた、オーストラリア人のろうの女性とその子供たちと、私の日本語講座の事務局を担当してくださっている方と、総勢4人+babyで、井の頭公園へ行ってきました。

彼女がクリスマス休暇でオーストラリアに帰る前に会いたいとメールをくれたので、吉祥寺で会うことにしたのです(*^o^*)

井の頭公園は私にとって、涙が出るほど懐かしく、思い出深いところです。

私が生まれて育ったのは吉祥寺にある母の実家です。
井の頭公園から歩いて10分ほどのところでしたので、ほとんど毎日のようにしょっちゅう井の頭公園へ行っていました。

井の頭公園には、私の子供時代の思い出がギュッと詰まっています(*^o^*)

母は武蔵野第一小学校の代表として、象のはなこちゃんが井の頭公園に来た時、お迎えに行ったそうです。

また私の家には私が赤ちゃんだった時に、まだ若かった象のはなこちゃんと一緒に写っている写真がたくさんあります(*^o^*)

今日は、ろうの女性の3歳の娘のイザベラちゃんと色々な乗り物に乗りまくり、久しぶりに井の頭公園を満喫しました。

観覧車は、もうだいぶ前になくなってしまったけれど、私が一番好きだった乗り物「チューリップ」は健在で、イザベラちゃんも大喜びしてくれました。

11:30?17:10まで、日常生活の大変なことを全部忘れて、満喫することができました。

今日つくづく感じたことがあります。
それは、国の違い・障害のあるなしに関係なく、人は心を通わせることができるのだということです。

私と同じ日本人で、私と同じく障害のない人でも心を通わせられない人もいます。残念ながら、私は自分の父とは、心を通わせられていません。

それに引き換え、彼女と私は国は違うし、障害のあるなしも違いますが、そんなことは関係なく、心がつながっています。

これが「心のバリアフリー」ということなのかもしれませんねo(^-^)o

私は自分の心の受け皿を広くして、いろんな人を受け入れたいです。

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA