page top

実は訪問セールス(>_<)

14日の日曜日、東京都聴覚障害者大会から早めに帰宅しまたした。
そして夕食のカレーグラタンと海老サラダの準備をし、「さぁ、オーブンに入れましょう」という時に「ピンポーン」と音がしました。

「誰が来たのかしら!?」と思ってインターホンで尋ねると「来週この地域で電気の工事をするので、そのご説明に伺いました」とのこと。

私が仕事でいない時に停電とかになったら母が困るから、聞いておかなきゃと思い、玄関を開けました。

するといきなり「電気代がお安くなる話なんですけど、ちなみにお宅の電気代はひと月おいくらですか?ガス代は?」

「それなら1年で13万、10年で130万安くなるんですよ!スゴいでしょう!!130万!!」

私「…」。

私が食いつかなったので拍子抜けしたみたいな、そのセールスマンは、今度は出方を変えました。

「いやあ、うちの会社はこの辺りで実績がないんで実績を作りたいんですよ」と言うので、
「それではお宅の会社の実績を作るために、うちに協力しろということですか?」と私が言うと相手はビクッとして、

「えっ?ああ、まあ、確かにおっしゃる通り、うちの会社の実績作るためなんですけどね」

「何もしないで130万安くなるなんてオイシイ話はありません。要は設備投資にいくら払えという話なんですか?」と私が言うと、そのセールスマンは一瞬たじろぎました。

「あ、あのぉIHとか色々な設備を入れて100万ほど…」

「10年間で130万円電気代が安くなるかもしれない、という話のために、今100万円出せとおっしゃるのですか!?」というと、

「もしやって頂けるなら、うちの予算をバーンとつけますから!いや、ドーンと!」と言うので、

「バーンとかドーンとかあいまいな表現を使っても、相手を納得させられませんよ!(私は自分が行っている「日本語の文章力向上講座」の「ビジネス文書」の講座の時に、「ビジネスの時は、あいまいな表現は避けるように」と説明しているので、そのことを思い出しながら言いました。)
そういうお話なら、うちは結構ですから。」と言って、まだろうとするセールスマンに帰ってもらいました。

日曜日の夕食時に家に来て、100万円もするIHのシステムを買わせようとするなんて(`ヘ´)

でも、こういうセールスマンに逆らえずに高い物を買ってしまうお年寄りとか、いらっしゃるのでしょうね(∋_∈)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA