page top

やっとお引っ越しできました!

image1_2.JPG image2_2.JPG

やっと、お引っ越しできました。
小学校6年の12月20日に引っ越して以来、長年暮らしてきた家を引っ越すというのは、想像以上に大変でした。
しかも、引っ越し当日以外は前後に休みがなく、前日も手話講習会の仕事で10時半に帰宅してから、完全に徹夜で準備したのですが、まったく間に合わず(涙)
毎日仕事の後に、「夜、そっと元の自宅に入って、物を運び出す」という作業をして、ようやく完了いたしました。

引っ越し業者を呼んだのに、毎晩のようにいるので、ご近所から「引っ越しするする詐欺」だと思われていたのではないかと思います(笑)

家付き娘で婿養子をとり、その後離婚したので、祖父・祖母・母の遺品がすべて残っており、思い出しては涙する…(;_;)という具合で、なかなかはかどりませんでした。思い出のものをいっぱい持って、新居へ移りました。

今まで暮らしてきた家に感謝をして、これから猫2匹&息子で新しく生き直します。

今年も大変お世話になりました。
新しい年が、みなさまにとって幸せいっぱいな1年となりますよう、心からお祈りしております✨

iPadから送信

Posted in 日記 | 2 Comments »

“やっとお引っ越しできました!” への2件のフィードバック

  1. 斉藤美和 より:

    鈴木隆子様

    講演の後に声をかけさせて頂きました。
    斉藤と申します。朝日新聞の中島様も
    紹介して頂けて嬉しかったです。
    私自身 マスコミ部門にて仕事をしている
    ので、荒っぽい方かと思ったらダンディーな
    お方で。ありがとうございました。
    そして僭越ながら、鈴木様の通訳について
    気づいた点がありました。
    ろう者の中には口元をメインに読み取りながら
    手話を読み取る方もいらっしゃいます。
    私もそうです。聴者が話す日本語のまま
    聞き取りたいタイプです。
    顔の方向を変えた時に髪の毛で口元が見えず
    手話だけでは理解しづらい事が何回かありました。
    髪を結ぶか耳にかけるなど工夫をして頂ければ
    助かります。これを機会にこれからもお話させて
    下さい。ありがとうございました。

    • 鈴木隆子 より:

      斉藤美和さま

      昨日は、安田純平さんの講演会、お疲れ様でした。
      「ろう者の祈り」をお読みいただき、またお声をかけていただき、ありがとうございました。
      筆者の朝日新聞 編集委員の中島くんは、私が立教大学で東京六大学野球のチアガールをしていた時の同期の東大の応援部です。伝えておきますネ。

      通訳の件、ご指摘ありがとうございました。気をつけます。
      聴覚障がいの方のご希望もさまざまです。
      日本語の通りの口型をつけると「口型をつけすぎる」という方がいらしたり、日本手話の口型「パ・ピ・プ・ぺ・ポ」をつけるように言われたり。
      また、斉藤さまのように日本語の口型を読む方もいらしたり。

      個人通訳なら相手の方に合わせますが、昨日の講演のように不特定多数の方がいらっしゃる時は対応に悩みます。

      ともあれ、ご指摘を心に留め、より伝わりやすい手話通訳ができるよう、努力してまいりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加