page top

突っ込みどころはそこ?

今日は慌ただしい日でした。今度の土曜日に、昨年3月に亡くなった大叔父の一周忌があります。
そのため母が美容院に行くというので、送り迎えをしました。母は昨年から脊柱管狭窄症で外を歩けなくなり、身体障害者手帳3級の認定を受け、車椅子になりました。ですから、どこへ行くのも私が車椅子を押して行きます。
送り迎えの後、お昼ご飯を用意して母と食べてから、今度は私の美容院へ行きました。
急いで買い物して帰り、夕食を用意してから、今度は毎週木曜日の「手話で行う日本語の文章力向上講座」へ行きました。
今日のテーマは「格助詞」。全部で9種類ある格助詞の中から「で・と・より・から・まで」の機能を学びます。
セミナールームでは、早くから来た受講生さんのためにDVDを流しています。
そのDVDというのは、私の日本語講座にせっかく通いたいと思って下さっても遠くに住んでいて通えない方のために、4月から通信講座を始めることになりました。
通信講座には、私が手話で日本語の文法を説明しているDVDがつきます。現在希望者の方に、お試し用のDVDを無料でお送りしています。
内容は、多くのろう者の方が間違える「私は」と「私が」の違いについてです。(一部抜粋)私がセミナールームに着いた時は、そのDVDが流れていました。
受講生さん達は、私が部屋に入るやいなや、いっせいに手話で口々に…ではなかった、手話なので手々に(?)話しかけてきました。
「あれぇ、DVDの内容に何か問題でもあったのかな!?それとも手話表現がわかりにくいって言われるのかな!?」とドキドキしました。
ところがみんなが手話で話している内容は…
「どうしたの、その前髪!」「ずいぶん短いね」「パッツンってなってるよ!」「自分で切ったんでしょう」「もしかして、カツラ!?」
へ?
突っ込みどころは、そこなの( ̄○ ̄;)

みんなはDVDよりはるかに短くなった私の前髪を見て、ビックリしちゃったらしいです。
え?!そんなにおかしいかなぁ(>_<)

SNSでシェア

Posted in 日記 | No Comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA